賃金制度の策定・相談

賃金制度の策定・相談

今日、経営環境の激変の中で安定的な業績をあげていくことは、容易ではありません。そこで強い企業体質の構築が必要です。経営環境の変化に対応出来る人事・賃金制度への再構築の提案・指導を行います。それには、会社が「期待される人事・賃金制度の姿」を明確化します。そして、「現状の人事・賃金制度の姿」と「期待される人事・賃金制度」とののギャップを留意した人事・賃金制度でなければなりません。つまり、個々の企業に最適な人事・賃金制度を策定することが重要となります。

最適な人事・賃金制度

人事・賃金制度の基本方針

  • 1.経営環境の変化に対応できる人事・賃金制度
  • 2.経営方針・計画と人事・賃金制度がマッチした内容
  • 3..公正な人事評価が賞与・賃金に反映し、やりがい・働きがい
  • 4.人事・賃金制度の構築に参加し意見が反映できるシステム
  • 5.考課者訓練を行い評価者のバラツキを少なくし信頼度を高める
  • 6.社員に周知徹底

人事・賃金制度改定提案(例)

人事・賃金制度改定にあたり、最初に予備診断として人事・賃金の現状分析を行います。この人事・賃金の現状分析報告を参考に、今後の人事・賃金制度の方針及びスケジュールを決定し、新人事・賃金制度の策定に取り掛かります。

⇒提案内容細目 | ⇒提案項目 | ⇒人事・賃金制度改定スケジュール表

Ⅰ.提案内容細目

将来を見越した『社員のどうあるべきかを想定した』人事・賃金制度の構築をします。第1段階から第3段階を経て進めます。段階ごとに、経過報告とその後の確認をしながら行います。

第1段階(予備診断・人事・賃金制度の方針・スケジュール)

1)予備診断・方針・スケジュール
・予備診断として人事・賃金の現状分析
目的

  1. 人事・賃金の現状を明らかにします。
  2. 現状を明らかになった課題を認識し、次の進む方向性をつかみます。

2)人事・賃金制度の方針・スケジュール
・人事・賃金制度の方針・スケジュールの確認と決定を行います。

第2段階(人事・賃金制度の改定の構築)

1)人事・賃金制度の方針の具現化

  • 人事・賃金制度の枠組み
  • 新賃金体系の策定
  • 各社員への格付けとシミュレーション
  • 人事・賃金制度の枠組みの補整

2)決定

第3段階(仕事調べ、評価項目、目標の項目)

1)ワーキング・グループ(委員会)のメンバーの選定・決定

  • メンバーは本社から3名程度(委員長、連絡事務・整理)と支店から2名程度を選定

2)仕事調べ(職務調査)

  • ワーキング・グループにて、新人事・賃金制度の基礎となる仕事調べをします

3)評価項目

  • 人事考課の評価シートの評価項目をピックアップします

4)目標の項目

  • 各社員が目標となれる項目をピックアップします

5)人事・賃金制度の導入のための研修

  • 管理職の評価するための研修

Ⅱ.提案項目

1.人事・賃金の現状分析

  • 水準
  • 格差(バラツキ)
  • 構成(基本給・諸手当、賞与)
  • 人員分析(年齢、職種、部門、職位)

2.社員育成型の人事・賃金制度のフレーム作り

  • ヤング層(30歳まで)の重点的な改定
  • ミドル層(31から45歳)、シニア層(46から60歳)の位置付けの決定
  • 人事・賃金制度の構想
  • 新賃金制度の設計
  • 個人別格付け
  • 各社員へのシミュレーション
  • 人事・賃金制度の枠組みの補整

3.ワーキング・グループ(委員会)

  • メンバーの選定
  • 仕事調べを実施・整理
  • 課業一覧表にまとめます
  • 評価項目のピックアップ

4.人事評価制度の構築

  • 求められる社員とは
  • 成果・執務態度・能力の検討
  • 考課要素の決め方・着眼点
  • 評価シートの検討
  • その他

5.目標制度の構築

  • 業務の目標
  • 成果の目標
  • 能力開発目標
  • その他の目標

6.関連諸規程の改定案を提示

  • 資格等級規程
  • 人事評価規程
  • 賃金(給与)規程
  • その他諸規程

7.人事・賃金制度の実施のための研修会

Ⅲ.人事・賃金制度改定スケジュール表

改定項目とスケジュール
(○年○月~○年○月)
○月
○月
○月
○月
○月
○月
○月
予備診断
人事・賃金分析・報告
           
方針の確認・検討
           
改善方針の決定
         
全体スケジュール
           
幹部社員の説明会  
         
人事・賃金制度の構想  
         
新人事・賃金制度の設計    
     
個人別格付け        
   
各社員のシミュレーション          
 
人事・賃金制度の枠組み補整            
ワーキング・グループ選出    
       
ワーキング・グループ選任    
       
仕事調べを実施・整理      
 
経過報告
 
   
 


改定項目とスケジュール
(○年○月~○年○月)
○月
○月
○月
○月
○月
○月
○月
人事評価制度の策定
       
目標面接制度の策定      
   
関連諸規程の作成          
 
管理者の研修会            
新人事・賃金制度の実施打ち合わせ            
経過報告
   
   

Ⅳ.コンサル詳細

1.人事・賃金制度の導入準備

  • 方針確認・決定
  • 全体スケジュール
  • 幹部説明会

2.賃金の現状分析

  • 水準
  • 格差(バラツキ)
  • 構成(基本給・諸手当、賞与、退職金)
  • 賃金項目ごとの支給基準、支払いルール
  • 人員分析(賃金形態、年齢、職種、部門、職位、等級)

3.自社の問題点分析

  • 適正・意識調査の分析
  • 賃金分析
  • 各メンバーから自社の問題点を10個程度抽出

4.人事・賃金制度の構想立案

以下省略。