若年者の雇用管理と中高年・高齢者の雇用活性化

企画・立案サービス

高年齢者の経験と能力を活かすことのできる企業環境を作るためのサポートを行います。
高年齢者の人事・労務管理上の諸問題について具体的な解決案を作成します。
企画立案サービスは、有料となりますが、都道府県雇用開発協会が、1/2を負担いたします。
また、65歳までの定年の引き上げ、65歳までの継続雇用制度の導入、または定年の定めの廃止
のいずれかを講じた企業については、企業の負担が、1/3となります。

※65歳までの雇用確保措置を完了した企業で、法律で定める義務化年齢に応じて段階的に年齢を引き上げる企業は含みませんので、ご注意下さい。

・高齢・雇用促進協会のアドバイザーは、経営・労務コンサルタント、中小企業診断士、社労士で
 培った経験を活かします。
・厚生年金の在職年金給付との組み合わせで最適な給与体系の設定。 
・高年齢者の継続雇用を図るための企画・立案サービスとフォローアップ。

サポートの対象

高年齢者の雇用に際して、以下のような悩みでお困りの企業にとってはぜひご検討頂きたいサービスです。

  • 賃金・退職金をどうしたらいいのか・・・人件費の悩み
  • 生産性・やる気の低下が気になる・・・
  • ポストや処遇はどうしたら・・・
  • 健康や能力に個人差が出てきた・・・

サービスの流れ


サポートの流れ

職場活性化研修

職場活性化研修は、高年齢化に伴い、企業においての中高年従業員を戦略的人材に変える
ことにおいて、重要な研修となっております。

職場活性化研修は、職場管理者、中高年従業員に対して、自己の管理スタイルや職業能力
特性を再認識し、具体的な改善行動を起こすことにより、職場・従業員・企業の活性化を図り、
継続雇用制度の導入・定着等を中心とする高齢者の継続雇用のための条件整備の推進を図る
ことを目的とした研修を行っています。

研修コース

  1.  職場管理者研修(対象 : 中高年従業員や継続雇用者がいる職場の管理・監督者)

  • 従業員の高齢化が進む中で、部下を活かし、育て、問題解決能力が求められています。
  • こういった管理者に求められるコミュニケーション、スキルについて学んで頂きます。

  2.  生涯現役エキスパート研修(対象 : 概ね45歳以上の中高年従業員)

  • 生涯現役として働くためにはどのような用件が必要かを理解し、その要件に照らして、これ
  • からどのような取組や仕事へのかかわり方、工夫が必要になりかに気付き、そして明日か
  • ら私は何にどのように取り組んでいこうかと言う事をグループ討議等を通じて各人が立案す
  • る研修により、従業員個々人の活性化を図ります。
    • ●エンプロイアビリティコース(エンプロイアビリティ=雇用されうる能力)
    • 「雇用されうる能力」に必要な要件を確認し、現状把握力、状況の変化に対する柔軟な判断力を養います。「会社から必要とされる人材になるには、どうすれば良いか」という点にスポットを当て、今後の能力開発計画の作成に当たるので、スピーディーな組織改革が期待できます。
    • ●コンピテンシーコース(コンピテンシー=高業績者に共通する行動特性)
    • 高業績者の行動特性との比較により、自分の強み・弱みを発見し、生涯現役として活躍するための目標と、それに到達するためのアクション・プランを作成します。受講者の意欲とキャリアに合わせた改善行動計画を作ることで、組織の活性化が期待できます。
    • ●マイコンピテンシーコース(自分なりの工夫行動)
    • グループディスカッションを通じて受講者それぞれが、高業績である部分を出し合い、その「工夫」を共有するところから、グループ全体の達成意欲と能力を押し上げるという効果が期待できます。

職場活性化研修は、有料となりますが、都道府県雇用開発協会が、1/2を負担いたします。
また、65歳までの定年の引き上げ、65歳までの継続雇用制度の導入、または定年の定めの
廃止のいずれかを講じた企業については、企業の負担が、1/3となります。

サポートの流れ


サポートの流れ

若年者雇用管理

若年者層の雇用環境は厳しい状況にあります。将来性の若者を育成していくことも企業の継続には必要だと認識されておりますが、現状の経営状況では即戦力の人材を期待しがちです。

企業の若年者荘をいかに戦略化するかについての事業者団体で研修会を行った際の資料を参考にご覧下さい。

⇒若年者効用管理研修資料(PDF)